歯科麻酔

Pick Up

患者様の声

患者様の声

症例集

料金表

活動報告

歯科麻酔とは

歯科麻酔とはインプラント手術に必要不可欠なもとのして麻酔があります。
当院では患者様により安心して手術を受けていただけるよう最新な機器を揃えており心身へのストレスと感じさせません。
インプラント手術は一般的に局所麻酔で行われ手術による痛みを感じつことはございません。
しかしながら意識はありますので手術中の音や振動などで恐怖心を感じてしまうことがあります。
そこで使用されるのが静脈内鎮静法と呼ばれる方法を併用することで意識を薄れさせることができ患者様への恐怖心を感じさせなくすることができます。
その他術中の全身管理も徹底されておりますのでご心配なく手術を受けていただくことができます。

静脈内鎮静法を併用したインプラントなどの手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における 「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」当を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当します。
2名の麻酔医が非常勤でおります。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、麻酔専門医により、点滴を使用して血管内に鎮静薬を投与する方法です。
鎮静薬は、手術への恐怖心、緊張感等を和らげるなど身体的ストレスの軽減させるために用いられます。
麻酔医が、生体情報モニターで全身管理して行うので、高血圧や心疾患の方でも安心して治療が行えます。
手術中の状態としては、浅い眠りに陥るか陥らないかの中間ぐらいです。
手術終了後、寝起きの状態から覚めて、思考がぼやけた感じがします。
少し休憩を挟んだ後、その日のうちに帰宅していただけます。
入院の必要はありません。
麻酔の作用により、一時的に思考が鈍る事がありますので、乗り物の運転(車・バイク・自転車)は1日控えていただきます。

治療中の全身管理

インプラントなどの手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、
脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行います。
管理する医師も手術中は管理のみを徹底しており、手術中のあらゆる体調変化にも対応でき、非常事態にも迅速に対応できるようになっております。

麻酔による治療の流れ

麻酔による治療の流れインプラントなどの手術に先がけ、診察(問診・血圧測定・胸部聴診等)および検査(尿・血液・心電図 等)を実施し、患者さん個々の健康状態や体質などを考慮した管理計画を立てます。

  • Step1 鎮静剤を注射します。しばらくすると、眠くなってきます。
  • ▼
  • Step2 意識が薄れ、ウトウトしている間に局所麻酔の注射をしてその後、手術を完了します。
  • ▼
  • Step3 十分に休憩し、眠気やふらつきが無くなってから帰宅します。
Page top

Copyright©WAKITA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.