インプラントと歯周病

インプラントと歯周病の関係

インプラント治療を行う上で口腔内の健康状態は非常に重要な要素です。
日本人の約80%が感染している歯周病、その度合いによってインプラント治療の計画が
大きく左右されるだけでなく治療ができないケースにもございます。
また、インプラント治療後においても、いくら歯が人工の物とはいえ、歯茎そのものの土台が
崩れては埋入されている歯が天然でも人工でも同じように抜け落ちてしまいます。
また、歯周病の状態で歯茎の切開をするインプラント治療をすることは
炎症している箇所にメスを入れるわけですから、インプラントを埋入しても歯茎に大きな
ダメージを与えてしまうので結果、よけい口腔内状態を悪化させてしまいます。
そもそもが歯周病が原因で歯が抜け落ちてしまいインプラントをご検討されている方も
多くいらっしゃると思います。

インプラント治療には健全な口腔内状態で挑む必要がございますので
治療をご検討されている方は担当医とよく相談の上計画的な治療に臨んでください。

歯周病とは

歯周病について

歯周病(歯槽膿漏)とは歯と歯茎の隙間にばい菌が入り込み、知らず知らずのうちに
歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちていまうという恐ろしい病気です。
歯周病はこれまで中高年齢層に多く見られると言われていましたが、実状では30代前後で80%の方が発症しており、初期症状においては10代の若年齢層からでも50%もの方にも見受けられます。
また、歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していき、気がついたときには取り返しのつかないという事もございます。
その症状においてもいくつかの種類がございますので紹介いたします。

歯周病の進行

症状1
歯周病の初期症状で歯肉は赤みを帯びブラッシングで出血が始まります。
まだ歯槽骨には影響がなく歯周ポケットが3~4mm程度。
ブラッシングによる完治が可能なレベルです。
症状1
症状2
歯周ポケットが4~5mmになり歯垢や歯石が溜まり炎症が強くなります。
歯槽骨の吸収も始まります。
医院での検査が望ましいです。
症状2
症状3
歯周ポケットが5~7mmになり歯茎の炎症がひどくなります。
食事がしにくくなり歯を指で押すとぐらつくようになります。
歯槽骨の吸収も進行します。
医院への治療が必要です。
症状3
症状4
歯周ポケットが7mm以上になり歯茎が赤黒くなり口臭や出血もひどく
歯がぐらつき食事が出来なくなります。
歯槽骨の2/3が吸収され至急医院での治療が必要です。
症状4

治療について

歯周病の状態でのインプラント治療は多くのリスクがあるため治療を進めるには歯周病の治療を終えてからになります。
歯周病の状態にもよりますがその分トータル的な治療期間は長くなります。
しかしながら歯周病治療を怠るとあとで取り返しのつかない状態になりますのであせらず計画的な治療計画をご提案いたします。

歯周病予防

歯周病予防歯周病の予防(プラークコントロール)には基本的に毎日のブラッシングになります。
規則正しい生活による正しいブラッシングさえできていれば歯周病に効果的な予防ができるのですが、規則正しい生活と正しいブラッシングが現在の日本人には難しかったりできていなかったりするものです。
当院では患者様への生活のアドバイスや正しいブラッシングの指導も致しますので歯茎に違和感を感じるようでしたら是非ご相談ください。

メンテナンスについて

メンテナンスについて歯周病を踏まえたインプラント治療を終えたからといっても口腔内のメンテナンスを怠ると歯周病はいつでも再発致します。
治療後の定期健診は欠かさずお越しください。
せっかく高額のインプラント治療を受けて歯周病でまた失ってしまってはあまりにももったいないです。
健全な口腔状態による健全な食事を楽しむために患者様のご自身の意識的な管理が必要です。

Page top

Copyright©WAKITA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.