料金表│神奈川・海老名の歯医者 インプラントの「わきた歯科医院」

厚生労働省研修医施設(日本大学 松戸歯学部 臨床教授)
ご予約・お問い合わせはお電話で

相鉄線さがみ野駅前北口ビル1F

TEL.046-233-0118
046-233-0118 MENU
ご予約・お問い合わせはお電話で TEL.046-233-0118 相鉄線さがみ野駅前北口ビル1F

料金表

料金表 PRICE

インプラント
治療内容 価格(税別)
前歯(仮歯含む・プロセラ)※内金に仮歯含む 1本 45万円(内金22万円)
臼歯(仮歯含む・プロセラ) 1本 35万円(内金20万円)
臼歯仮歯 1本 2万円
プロセラ加算(小臼歯・大臼歯) 1本 5万円
ポンティック(ブリッジ上部構造) 1本 9万円
インプラント追加処置
治療内容 価格(税別)
骨造成 欠損の度合いによる 3~15万円
抜歯 1本 1万円
ソケットリフト 片側 8万円
サイナスリフト 片側 25万円
ノーベルガイド(ガイデッドサージェリー) 片顎 20万円
サージカルガイド作製(ガイデッドサージェリー)※上下顎Allon4を同日に行なう場合は2回分になります 1~4本埋入分 片顎 6万円
5本以上埋入分 片顎 8万円
全歯フル埋入分 片顎 10万円
静脈内鎮静法※All-on-4上下顎を同日に行なう場合は2回分必要です 1回 7万円
滅菌消耗品 1回の手術につき 1万円
オールオンタイプ※仮歯・鎮静法 費用込み ※上下顎を同日に行なう場合は2回分になります
治療内容 価格(税別)
オールオンフォー(All-on-4) 下顎 180万円(内金120万円)
上顎 200万円(内金150万円)
オールオンファイブ(All-on-5) 片顎 220万円
オールオンシックス(All-on-6) 片顎 240万円
オールオンシックス(All-on-7) 片顎 260万円
オールオンシックス(All-on-8) 片顎 280万円
オールオンフォー(All-on-4)仮歯 片側 12万円
静脈内鎮静法※上下顎を同日に行なう場合は2回分必要です 1回 7万円
ポーセレン※上部構造をポーセレンにする場合 1歯 10万円
インプラントオーバーデンチャー(ロケーター)
治療内容 価格(税別)
インプラント 1本 20万円
ロケーター装置 1本 5万円
オーバーデンチャー 片顎 25万円
インプラントオーバーデンチャー(ドルダーバー)
治療内容 価格(税別)
インプラント 1本 20万円
ドルダーバー装置 1本 5万円
オーバーデンチャー 片顎 25万円
ホームホワイトニング
治療内容 価格(税別)
トレー作製 片顎 1万円
ホワイトニング剤※使用する量にもよりますが、1本で2週間程度もちます 1本 4,000円
※タッチアップ(追加ホワイトニング)
ホワイトニング完了後も、1ヵ月に3~7日ほどホームホワイトニングを続けることで白さを維持できます。
タッチアップの場合、ホワイトニング剤は1本で4ヵ月もちます。
オフィスホワイトニング
治療内容 価格(税別)
オフィスホワイトニング 1回 10分×3回分 1セット 3万円
タッチアップ(追加ホワイトニング)※オフィスホワイトニング施術後10ヵ月以内 1回 1万8千円
クラウン
治療内容 価格(税別)
プロセラ(オールセラミック) 1本 12万円
ポーセレンクラウン(フルジルコニア・セレック) 前歯 1本 7万円
小臼歯 1本 5万円
大臼歯 1本 6万円
ゴールドクラウン 1本 6万円
※ファイバーコア(1万円/1本)が別途必要になる場合があります。
インレー
治療内容 価格(税別)
セラミック 1本 8万円
セレック(CAD/CAM) 1本 3万円
ゴールド [単]1本 4万円
[単]1本 5万円
スポーツ用マウスピース
治療内容 価格(税別)
マウスピース 片顎 3万円

医療費控除 medical deduction

医療費控除とは

給与所得者本人、または本人と生計をともにする配偶者やその他の親族の医療費を、1年(1月1日~12月31日)の間に10万円以上支払った場合に、超えた金額をその年の所得から差し引くことができ、税金が軽減される制度です。

医療費控除の活用

(1) 医療費控除の対象となる範囲

医療費控除の対象となる医療費とは次の通りです。

医師、歯科医師に支払った診療費または治療費

インプラント治療費用も医療費控除の対象になります。
歯列矯正などについては、発育段階にある子供の成長を阻害しないために行なうことがあります。このように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて、必要と認められる治療の場合は、医療費控除の対象になりますが、容ぼうを美化するための治療は、医療費控除の対象になりません。

治療に要した材料費

歯の治療については、高価な材料を使用する場合などがあり、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。しかし、現在では、金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているので、これらを使った治療の対価は、高額になったとしても医療費控除の対象になります。

通院のための交通費

通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに、金額も記録しておいてください。通院費として認められるのは、公共交通機関などを利用したときのみで、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。


治療、療養のための医薬品の購入費 治療のために、あんま、マッサージ、はり師、指圧師、きゅう師、柔道整復師に支払った施術費 病人の面倒を見るために雇った付添人などの費用 医療機器の購入代や貸借料の費用 高額な治療費を歯科ローンやクレジットにより支払った場合も、治療内容が医療費控除の対象になるものであれば、医療費控除の対象になります。

歯科ローンやクレジットカードとは、患者さまが支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者さまが分割で信販会社やクレジットカード会社に返済していくものです。信販会社が立替払をした金額は、その患者さまが治療費を決済した年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になります。
なお、クレジットを利用した場合には、患者さまの手もとに歯科医の領収書がないことも考えられますが、この場合は、クレジットの契約書や信販会社の領収書などにより治療費の支払先や治療費の額を証明することが必要となります。
また、ローンやクレジットカードの金利および手数料相当分は医療費控除の対象にならないので、ご注意ください。

(2) 医療費控除の計算の仕方

医療費控除として控除を受けられる金額は次のように計算します。

医療費控除
(3)手続き

給与所得者は源泉徴収票、印鑑、医療費メモ(領収書貼付)を持参して税務署へ申告します。

詳細は国税庁の医療費控除に関するページをご参照ください。


国税庁ホームページ(医療費を支払ったとき)