活動報告

Pick Up

クチコミ

患者様の声

症例集

料金表

活動報告

『Dr.Ann-Marie Roos Jansakerによる講習会』平成30年7月1日

『ペリオとインプラントの分野におけるスウェーデン式予防を考える』に院長と当院の歯科衛生士が参加致しました。
スウェーデン歯周病学会の詳細はこちら(PDF)

今回の講師のDr.Ann-Marie Roos-Jansaker先生は、私が2014年2月9日と第33回関東甲信越支部日本口腔インプラント学会に招聘して座長を務め、さらに2012年11月16日(金)~11月22日(木)わきた歯科医院2名の歯科衛生士を伴ったスウェーデン歯科研修を受講した先生です。かなり以前からインプラント周囲炎に対しての先進国スウェーデンの知識を積極的にわきた歯科医院は取り組んでまいりました。今回の研修を通じで、さらにわきた歯科医院の中で知識が共有されて、患者さんの安全安心を与えることは間違えない事でしょう。

『Dr.Ann-Marie Roos Jansakerによる講習会』平成30年7月1日
Dr.Ann-Marie Roos Jansakerと日本大学松戸歯学部教授と記念写真
『Dr.Ann-Marie Roos Jansakerによる講習会』平成30年7月1日
Dr.Ann-Marie Roos Jansakertと当院歯科衛生士と記念写真

『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日

平成30年4月15日~21日にテヘランで行われた第58回イラン歯科医師会の学術大会に招待されました。
第58回イラン歯科医師会の学術大会の詳細はこちら(PDF)

『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日
招待状を頂きました。
『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日
『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日
 
『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日
学術大会はテヘランで行われました。
『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日
会場はFDI(世界歯医学会)の分科会でもあります。
『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日
60分間の英語でのスピーチはとても良い経験となりました。
『第58回イラン歯科医師会の学術大会』平成30年4月15日~21日

AO(Academy of Osseointegration)学会

AO(Academy of Osseointegration)学会に出席しました。
前歯抜歯即時埋入に対して新たな方法に対して興味深いディスカッションがありました。
特に今年の大会長ジョセフ・カンは、20年来の友人で会場に入るなり私を歓迎していただきました。

古くからの多くのアメリカの友人と会う機会にめぐまれ、有意義な日を過ごしました。

AO(Academy of Osseointegration)学会
メイン会場にて大会長のジョセフ・カンと撮影。会場には世界各国からたくさんの歯科医師、関係者が集まり賑わいをみせていました。
AO(Academy of Osseointegration)学会
AO(Academy of Osseointegration)学会
20年来の友人のクリス・マーチャック先生
AO(Academy of Osseointegration)学会
ノーベルバイオケア副社長のマイク
AO(Academy of Osseointegration)学会
Homa Zadehのモーニングセッション出席しました。
AO(Academy of Osseointegration)学会
AO(Academy of Osseointegration)学会
Homa Zadehと、南カルフォルニア大学に学びに来ているアジア各国の歯科医師
AO(Academy of Osseointegration)学会
テキサス大学 テニアを取得した大学の後輩ミン先生と
AO(Academy of Osseointegration)学会
前歯の新しい抜歯即時埋入の術式について新たな見解とディスカッションを行っていました。
AO(Academy of Osseointegration)学会

『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日

平成30年2月25日(日)『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』と題し、第1回目の講演会が行われました。
同窓生の中から選ばれた8人による講演会に院長も演者として参加致しました。
インプラント臨床のアップデート(PDF)

『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日
質疑応答の時間です。 演者全員がステージ上に並び質疑に答えました。
『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日
『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日
院長の講演の様子です。 『インプラント治療の現状と展望』と題し 高齢者と即時荷重治療を中心としたインプラント治療の現状を発表致しました。
『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日
院長が高齢者のAll on4のメンテナンスについて講演している様子です。
『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日
会場内の写真です。 同窓、他大学を合わせて200名弱の参加者があり、会場はほぼ満席の盛会となりました。
『日本大学松戸歯学部同窓会からの発信 インプラント臨床のアップデート』2018年2月25日
今回の演者の集合写真です。

8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日

8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUMに参加しました。
また前日に COLUMBIA UNIVERSITY CONTINUING EDUCATIONでは、例年行っている2017年のインプラントのトピックスが行われ、Dr Tarnow 先生の講義が行われました。
帰国日の午前中のメトロポリタン博物館を見学に行く時間が取れたのがうれしいひと時です。

8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
Columbia大学でのインプラント周囲炎の講義
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
SYMP0SIUM で熱弁のHOMA教授
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
コロンビア大学卒後コース受講後の集合写真
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
メトロポリタン博物館 フェルメール実物の光線の描写に感動
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
帰りの飛行機が夕方便の為午前中に、メトロポリタン博物館に行く機会に恵まれました。
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
講義終了後、Columbia大学 Chistian Stohler教授とサテスフィケートを頂き記念写真
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
今回Columbia大学の病院の新しい診療室を見学する機会に恵まれました。CAD・CAMの対応に特化する診療室で、審美色調に考慮した間接照明が特徴です。
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
診療室のあらゆるところでCAD・CAM対応
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
診療室内でのCAD・CAM対応機器
8TH COLUMBIA UNIVERSITY ICOI DENTAL IMPLANT SYMPOSIUM 2017年12月7~10日
南カルフォルニア大学HOMA教授と院長
Page top


CopyrightcWAKITA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.