活動報告

Pick Up

クチコミ

患者様の声

症例集

料金表

活動報告

脇田院長が南カリフォルニア大学 客員臨床準教授に就任いたしました。

平成23年 2月に脇田院長が南カリフォルニア大学 客員臨床準教授に就任いたしました。

脇田院長が南カリフォルニア大学 客員臨床準教授に就任いたしました。

中国アモイでの国際インプラント学会に出席しました。

中国アモイで国際インプラント学会(ICOI)に脇田院長が出席いたしました。当日は大勢の日本の知り合いの先生が参加されました。
多くの先生との意見交換ができ有意義の学会でした。
いつもおなじみのマーチャク先生も講師として中国の学会に招待されておりすばらしい講演をなさりました。

中国アモイでの国際インプラント学会に出席しました。
2010 A-P Section
中国アモイでの国際インプラント学会に出席しました。
多くの演題が発表されていました
中国アモイでの国際インプラント学会に出席しました。
中国でのマーチャク先生の講演満員で 立ち見まで
中国アモイでの国際インプラント学会に出席しました。
中国の学会会場
中国アモイでの国際インプラント学会に出席しました。
私、鈴木仙一先生、木村洋子先生、林揚春先生

脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。

脇田院長執筆の論文が日大口腔科学Vol.36 No.2に掲載されました。「全顎即時荷重インプラント治療にサージカルテンプレートを用いた高齢者の1例」というタイトルです。当院で撮影したCT写真 を元に、インプラント手術時に道標となる器具と、インプラント上のかぶせ物をコンピューターで設計した際に得られた症例を報告しました。直径4mm程度の 穴のみでインプラントを埋入するため、腫れ痛み等が軽減され、高齢者に優しい治療です。当院ではこの最先端の技術を日常的に臨床応用しています。

脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。

脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。
脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。
脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。
脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。
脇田院長の論文が日大口腔科学誌に掲載されました。

スウェーデンから講師を招聘し院内研修を行いました(続)

先日の院内研修の模様が、専門誌アポロニアに掲載されました。

スウェーデンから講師を招聘し院内研修を行いました(続)

StepUpコースの講師を務めました。

10月16日(土)・17日(日)に東京品川のNobelBiocare社で開催されたStepUpコースの講師を脇田院長が務め、当院での多数のAll-on-4症例から得られた知見や手 術時の手技について講義をいたしました。当院は全国に先駆けてAll-on-4システムを導入し、日本屈指の症例数を誇る医院です。

StepUpコースの講師を務めました。
講義中の脇田院長
StepUpコースの講師を務めました。
デモ中の脇田院長
StepUpコースの講師を務めました。
デモ中の脇田院長と高田副院長
StepUpコースの講師を務めました。
実習中はこんな雰囲気です。
StepUpコースの講師を務めました。
実技指導に熱がこもります。
StepUpコースの講師を務めました。
質疑応答中の脇田院長
Page top


CopyrightcWAKITA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.